意外に知られていないダイエットの大敵、「痩せられない理由」は”むくみ”にあり

「思うように痩せられない」「なかなかダイエットが成功しない」「直ぐにリバウンドする」「そんなに食べていないのに痩せられない」など

ダイエットに関する悩みはひとそれぞれだと思います。

しかしながら、「あと2~3kg痩せられればなあ~」と思いながら、食事を抜くなどのダイエットは、肌や髪を痛めるなどおすすめできるものではありません。

では、どうすればより美しく健康的に痩せることができるのでしょうか?

そのための重要なキーワードに「むくみ」が上げられます。

実は多くの女性がむくんでいる?

テレビや雑誌で活躍するモデルさん達は、テレビや写真では、むくんだ顔や身体は非常に目立ってしまうために、特にむくみには気を使っているそうです。

むくみのない身体を目指すことは、美しく健康な身体を作ることにつながりますし、むくみをきちんと改善すれば脚の細さや顔の大きさにもかなり変化が現れてきます。

「太っていないのにぽっちゃりとして見える」という女性は、慢性的なむくみが原因になっているかもしれません。

実に多くの女性が、何らかの要因でむくんだ状態になっていて、これが太ってもいないのに痩せて見えないと感じることにつながっています。

むくみのある状態では、ダイエットをいくら頑張っても思うようには痩せられません。たとえ一時的に痩せたとしてもすぐにリバンウンドしてしまうのが、この「むくみ太り」の特徴でもあります。

ダイエットを行う前に大切なこと

ダイエットを行う前に大切なことは、おおもとの原因である「むくみ」を解消することです。

むくみが無くなれば、自然と無駄な脂肪を落としやすくなり、ボディラインもすっきりしてきます。

さらに肌の状態も改善され、顔色もよくなり、冷え性や肩こりなども良くなっていきます。

「むくみ」は、自分で考えている以上に体に悪影響を与えています。

身体のむくみを解消するだけで、今よりも遥かに痩せて見えたり、驚くくらい若々しく見えるようになるものです。

このような理由で、痩せたい、若々しく美しくきれいでいたいと思うならば、日々のむくみ対策はしっかりと行うことが大切なのです。

そもそも「むくみ」とは?その原因は?

むくみ自体は、必ずしも病気ではありませんが、自覚がないことも多く、軽視されがちです。

むくみによる身体の不快な症状を自覚できない場合、イライラする、やる気が出ないなど、精神面にも影響を及ぼします。

そして、むくみは感覚的なものではなく、むくんでるなと感じたときは、体の中でいつもと違う異常事態が起こっています。

むくんでいるってどういうこと?

「むくみ」のことを別名「浮腫(ふしゅ)」ともいいますが、医学的に説明すると、さまざまな原因によって、血液中の「血漿(けっしょう)成分」と呼ばれる水分が、細胞の中に供給されずに、細胞と細胞のすき間に過剰に溜まることによって生じる症状をいいます。

言い換えれば、本来細胞に届けられるはずの水分が細胞の外(皮下組織)にあふれてしまうので、水風船と同じようにパンパンになってしまうわけです。これでは、これでは見た目太って見えてしまうのは当たり前ですね。

むくみを引き起こすさまざまな要因

むくみの要因には、大きく分けて、慢性的にむくんだ状態が続く「病気が原因のもの」と、一時的な脚のむくみが翌朝には改善されているような「生理的なもの」に分類できます。

病気が原因のものには、心疾患、腎疾患、内分泌性疾患、肝硬変、ホルモンバランスの乱れなどがあり、むくみの症状がひどい場合は、これらの病気も考えられるので一度医療機関を受診しましょう。

多くの方が悩んでいる生理的なむくみの5大原因

生理的なむくみは、実に多くの女性が経験されているもので、その原因のほとんどが日々の生活習慣に潜んでいます。

むくんでしまう代表的な原因としては以下のようなことが上げられますが、一つでも当てはまれば、むくみを引き起こしている可能性があります。

自身の普段の生活を振り返って見ると、殆どの女性が当てはまるのではないでしょうか?

塩分や糖分のとりすぎ

運動不足

寝不足

ストレス

冷え

また、不規則な食事などにより、栄養が偏っているときや、生理前、生理中も全身がむくみやすくなります。

朝起きたときに感じる、顔、まぶたなどのむくみは、前日にアルコールを摂取したり、塩分や水分過多、睡眠不足、不自然な寝姿勢によるものが考えられます。

これら顔、まぶたのむくみは、起きてから活動することで徐々に改善されます。

脚がむくみやすいのはなぜ?

人の身体で、最もむくみやすい部位といえば「脚」が真っ先に上げられます。それは重力の影響で一番下にある「脚」に水分が集まりやすいからです。

脚はむくみやすいからむくんでしまうのは仕方ないとも考えられますが、一部の方で脚のむくみを経験したことが殆ど無いという方もいます。

さらにスポーツ選手などは、脚のむくみが起きにくいともいいます。この差はどこにあるのでしょう?

それは、「足の筋肉のポンプ作用」が関係しています。

同じ姿勢が脚のむくみを引き起こす原因

血液は、心臓から動脈を通って足まで送られ、静脈を通って心臓へ戻されます。足の静脈血を心臓に戻すためには、2つのポンプの力が働いています。

ひとつは言うまでもなく「心臓」ですが、もうひとつは「足の筋肉」です。

特に「ふくらはぎの筋肉」が足に溜まった静脈血を心臓方向へ押し上げる原動力となっていて、これを「筋ポンプ作用」といいます。

しかし重力の影響で足へ送られた血液を心臓に戻すためには、それなりに力が必要です。この力が不足すると足に溜まった静脈血をスムーズに心臓へ戻せなくなるために「むくみ」を起こします。

頻繁に動いている方は、足の筋肉を使っているために静脈のうっ滞は起こりにくいのですが、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしなどの方は、足の筋肉を使わないために筋ポンプ作用が働かないため、静脈のうっ滞が起こります。

これが、脚がむくむ原因となっています。

むくみと密接に関わっているのが血液循環と自律神経

心臓から送り出された血液は、動脈を通って動脈側の毛細血管から全身の細胞に酸素や栄養素、そして水分を届けます。

それと同時に、静脈側の毛細血管では、細胞の代謝によってできた炭酸ガス(二酸化炭素)や老廃物、余った水分を回収して静脈を通って心臓に戻ります。

これらが血液循環の仕組みで、その働きをコントロールしているのが「自律神経」です。

この自律神経のバランスが崩れると、結果的に血流が悪くなり、各細胞から老廃物や余分な水分を回収できなくなってしまいます。

この結果、細胞と細胞の隙間に水分が溜まってしまい、むくみとなるのです。

むくみの原因が生活習慣にあるのはわかるが、それでもむくまない人がいるのはなぜ?

世の中には、体重は変わらなけど太ったと嘆いている人がいる一方で、特にスポーツをしているわけでもないし、食べても太らない人やダイエットをしなくても痩せられた人など、とてもうらやましい体質の方も存在します。

この違いは一体どこにあるのでしょうか?

それは「血流」と「自律神経」、そして「腸」という3つのキーワードが考えられます。

次からは、血流、自律神経、腸について、ひとつひとつ説明していきます。

「むくみ」の原因は「血流」にあり?

よくテレビの健康番組や雑誌等で、「血液が汚れてドロドロ~」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

これらの指す意味は「血流が悪いと病気になりますよ」という意味ですが、「むくみ」もこの血流と関係しています。

「血液が汚れている、ドロドロしている」の意味

「血液が汚れてドロドロしている?」とはよく聞くフレーズですが、「汚れて、ドロドロ」とはどういった状態なのでしょう?

実は「血液ドロドロ」とはいっても、血管の中を本当にドロドロとした血が流れている、というわけではありません。

血液ドロドロとは、赤血球や白血球、血小板の量や質に異常が起こり、血液が流れにくくなっている状態のことを言い、これを「血液が汚れている」と表現しているわけですね。これを東洋医学においては、「お血」とも言います。

そもそも、血液の役割とは、
・全身の細胞に栄養分や酸素を運搬
・二酸化炭素や老廃物を回収する
・病原菌を退治する
・ホルモンを運ぶ
・体温を調節する
など、人体にとって極めて重要な役割を担っていますが、食事や生活習慣などの乱れから、これらの機能がきちんと働いていない状態のことを、血液が汚れているともいいます。

血流が悪いとむくんでしまうその理由とは?

血流が悪くなるということは、言いかえると血液は汚れてドロドロであるともいえます。

このような汚れた血液の状態では、全身の細胞にまんべんなく運ばれるはずの「栄養素を含んだ水分=血漿(けっしょう)成分」を細胞が取り込まなくなります。

すると取り込まなくなった血漿成分が細胞と細胞のすき間である間質に流れ出てしまいます。

これがむくみを引き起こします。

血流が悪いと脂肪も増える?

血液が汚れてしまい血流が悪くなると、体がむくんでしまうとともに、このときの細胞に届かなくなった水分の中の「栄養素」が皮下脂肪や内臓脂肪へどんどん流れてしまい貯めこむことになります。

これが脂肪増加のメカニズムで、特に女性が悩む「セルライト」もできやすくなってしまいます。

そんなに食べていないのに太ってしまうという方は、まさにこの「血流が悪い状態」で、血流が悪くなるとむくみを引き起こすだけでなく、太りやすい体質になってしまう理由がここにあります。

脚のむくみが気になる方は血流の流れが滞っている

血液は全身の細胞にまんべんなく水分を運ぶ役割とともに、不要になった水分を細胞から受け取る役割も担っています。

血流が悪くなりドロドロと汚れた状態になると、この不要となった水分を受け取ることができなくなります。

すると細胞の中の水分の行き場がなくなり、むくんでしまいます。

長時間の立ち仕事やディスクワークなどで脚がむくみやすい理由は、重力の影響で水分が身体の下の方へたまりやすくなるからですが、脚に水分がたまるということは、すでに全身に行き場のない水分が溢れている「全身がむくんだ状態」であるといいえます。

言いかえると、脚のむくみを感じる方は、「血液がドロドロで血流が滞り、全身がむくんでいて、皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすい、太りやすい体質になっている」ともいえます。

女性がむくみやすい理由

女性はむくみに悩まされている方がとてもたくさんいます。

その中でも特に脚のむくみについて、ある調査では男性が約10%くらいしか脚のむくみを自覚していないのに対して、女性は半数近くも脚のむくみを自覚しているという結果が出ているそうです。

なぜ?女性の方がむくみやすいのでしょう?

男性に比べて筋力が弱い

男性と比較した場合、女性は脚の筋肉が弱いことが一つ目の理由として上げられます。

血液は心臓から動脈を通って全身に運ばれて、静脈を通って心臓に戻ってきます。

脚は、体の部位として下の方にあるため重力の影響を受けているため、脚の静脈から心臓へ血液を戻すにはそれなりの力が必要で、この血液を押し戻す役割を脚の筋肉が担っています。

脚の筋肉は、脚を動かして緊張した時に血液を心臓へと押し戻すのですが、これを「筋ポンプ作用」といいます。

女性が男性に比べて、脚に血液や水分が溜まり、むくみやすいのは、脚の筋肉が弱いために「筋ポンプ作用」が低いことが上げられます。

さらに、長時間のディスクワークや立ち仕事で脚がむくみやすいのは、脚の筋肉を動かさないため「筋ポンプ作用」が働かないことも脚のむくみの原因となります。

このような理由から、極端なダイエットは脚の筋肉も落とすことになるため、「筋ポンプ作用」も低下して、逆にむくみやすくなるため注意が必要です。

生理前、生理中は女性ホルモンの影響でむくみやすい

女性は、生理前には女性ホルモンのひとつであるプロゲストロンと呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌されます。

このプロゲストロン(黄体ホルモン)の影響で、体温が上がり身体が栄養を蓄えようとする働きとともに水分の排出も抑えるために、結果的に尿の量が減り生理前に比べてむくみやすくなります。

また生理中は、逆に女性ホルモンが減少するために、全身の血流が悪くなり体温が下がるため、これがむくみの原因となります。

妊娠時はさらにむくみが酷くなる

妊娠中は、血液中の水分が3割位増加しますから、必然的に皮下組織に水分が溜まりやすくむくみやすくなります。

また、お腹の赤ちゃんの成長に伴って骨盤内が圧迫されるため、脚部の血液が心臓に送りにくくなるためにむくみやすくなります。

そのうえ、妊娠による運動不足や体重増加、ストレスなども、むくみを引き起こす原因となっています。

以上のように、「女性はむくみやすい」と聞くと、「どうせ何をやってもうまくいかないよ」と諦めてしまいそうですが、決して諦めることはありません。

むくみさえ解消できれば、今よりもはるかに痩せて見えるだけでなく、食べても太りにくい、いわば「痩せ体質」に変わることができます。

実は、ほとんどの方が、むくみ対策に関して鈍感になっているという現実がありますが、ちょっとした工夫と努力でむくみを予防し解消することは可能です。

諦めずに、むくみに向き合っていきましょう。

むくんでいる時は、自律神経も乱れている!?

最近「なんとなく体調が悪い」「肌の調子が良くない」「肩こりや冷え性で悩んでいる」など、病気とまではいかなくても体の調子が悪いということはありませんか?

体がむくんだ状態では、だるさを感じて疲れやすくなるだけでなく、気分的にも落ち込んで人に会うのが億劫だったり、何を食べても美味しく感じなかったりします。

なぜ?体にむくみがあると疲れやすくなり気分も落ち込んでしまうのか?

それは、体がむくんでいるときは自律神経のバランスが崩れているからです。

自律神経というと、どなたでも一度は耳にしたことがあると思います。

自律神経とは、簡単に言えば、自分の意志で動かすことができない内臓器官のすべてをコントロールしている神経のことを言います。

寝ているときも心臓が働き、血液が全身を流れ続けていたり、意識しなくても呼吸をしているのも、この自律神経のおかげです。

自律神経とむくみの関係

自律神経は、体のむくみとも、とても密接な関係にあります。

自律神経は血流の働きを司っているため、自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなり、体のむくみだけでなく肩こりや冷え性を引き起こします。

またメンタルにおいても密接に関わっているため、自律神経のバランスが崩れることでイライラしたり、気分が落ち込んだり、仕事においても冷静な判断ができなくなったりします。

自律神経のバランスを整えることがダイエット成功の近道

痩せやすい体質に変わり、ダイエットを成功させるには「むくみを解消する」=「血流を改善する」ということが大切だと説明してきましたが、血流を改善するには、その働きを司っている「自律神経のバランスを整える」ということが大切になります。

自律神経を整え血流が良くなれば、むくみが無くなり、痩せやすい体質になるのはもちろん、疲れにくい体になり肌や髪も美しく変わります。

すなわち、自律神経を整えむくみを解消することは、健康で充実した日々を送るための一番の近道といえるかもしれません。

自律神経が乱れる原因は?

自律神経が乱れる原因としては主に次のようなことが上げられます。

精神的、肉体的なストレス
 人間関係の悩みや、職場における仕事のプレッシャー、長時間労働など、特に現代人は自律神経が乱れてしまうような環境に置かれているといえるでしょう。

大学の新入生や新社会人など、新しい環境の変化に適応するためにさまざまなストレスや疲れを溜め込んで起こると言われる「五月病」も、自律神経のバランスが乱れたためにおきる心身の不調のひとつです。

生活リズムの乱れ、環境の変化
 私たちの体は一定の生体リズムにもとづいて動いているのですが、不規則な食生活や昼夜逆転の生活などを続けていると、寝不足や運動不足、栄養不足が生体リズムを狂わせることになり、結果的に自律神経の乱れにつながります。

季節の変わり目などの気温の変化
 自律神経のバランスは、気温の変化にも大きく影響されます。
近年は春になったと思ったら、急に冬に逆戻りしたような寒さになったり、逆に夏のような暑さになったり、9月、10月でも真夏のような暑さが続いたと思ったら、いきなり冬になったりと、急激な温度変化に自律神経が対応しきれなくなりバランスを崩す方が増えています。

以上のように、現代人は否が応でも自律神経のバランスが乱れる環境下に置かれていると言っても過言ではありませんね。

自律神経と血管の関係

自律神経は血管をコントロールしているため、人間が眠っているときも心臓が働き、血液が全身を流れ続けているのは、この自律神経の働きのおかげです。

アクセルである交感神経の働きが上がると、体は活発な状態になり、血管は収縮して血圧が上昇、脳や体は活動的な状態になります。

ブレーキである副交感神経の働きが上がると、体はリラックスした状態になり、血管も程度にゆるみます。すると血圧が低下して心身ともにゆったりと落ち着いた状態になります。

交感神経とむくみの密接な関係

アクセルである交感神経の働きが優位な状態が続くと、血管が収縮するため血流が悪くなります。そこに血液が汚れた状態では?想像するまでもなく最悪の状態ですね。

すると、むくみをはじめとした、便秘や肌荒れ、冷え性や肩こりが起こりやすくなります。

そして、前述したように、細胞に届かなくなった水分の中の「栄養素」が皮下脂肪や内臓脂肪へどんどん流れてしまい太りやすい状態になります。

これが、大して食べてないのに太ってしまう、または、体重は変わらないけど太ったように見えてしまう理由です。

「食事を抜くほど痩せられない!?」ダイエットの落とし穴!

痩せるためにダイエットと称して食事を抜く方が多いと思いますが、これが逆に太りやすい体質にしてしまっていることをご存知ですか?

これは食事を抜くことで腸が働かなくなり、自律神経のバランスが崩れて、かえって太ってしまいます。

また、メンタルにも影響するため、気分が落ち込んだり、イライラしたり、仕事などにおいても冷静な判断もできなくなるため、食事を抜くことは百害あって一利なしです。

自律神経の乱れが腸内環境を悪化させる

自律神経のバランスが崩れると血流が悪くなり、腸の消化吸収の働きが弱まり、腸内環境が悪化します。

すると、汚いドロドロした血液しか造ることができなくなり、これがむくみを誘発して、皮下脂肪や内蔵脂肪がたまり、太りやすい体質になってしまいます。

ダイエットの成功の秘訣は、食事を抜くことではなく、規則正しい食事を心がけ腸内環境を改善することです。

それが実現すれば必然的に自律神経のバランスも整い、血流もよくなり、むくみも解消されることとなります。

ダイエットで痩せたいのなら、まずは血流を改善して自律神経のバランスを整えること

血流を整え、全身の細胞のすみずみまでに、きれいな血液が流れるようになれば、自律神経のバランスが良くなります。

言い換えると自律神経のバランスが整えば、血流が良くなり腸内環境もよくなるということです。

血流が改善できれば、身体に余分な水分や脂肪がたまらなくなり「いくら食べても太らない」「特にダイエットをしていなくても、理想通りに痩せられる」という「痩せられる体質」に変わることができます。